spice of a day

あらしとえいと。

関ジャニ'sエイターテインメント ジャム感想(バンドまで)

こんにちは。ブログの更新を怠っていた間に夏が来て、終わってしまいました。

今年の夏はサマパラは全滅し、ジャムのチケットは取れたものの、9月公演だったのでもはや秋、ということで現場がない寂しい夏になりそうだったのですが蓋を開けてみればたくさんのライブに行っていました。

ケンティーサマパラに始まり、ジャム東京・福岡×2、ミスチル、V6と各所に顔を出して来ました。ここでは割愛しますがどれもそれぞれ思い出に残る楽しいライブで…チケットお譲りいただいた方々や会場でお会いしてくださった方、ありがとうございました。

 

さて、今の私はというと合計3日間のジャムを経て絶賛ジャムロス中です。

久々にライブの感想的なメモを書いておきたいと思います。

 

 

紙チケットにQRコード式が印字されていた今回は、ゲート番号である程度座席の予想が出来てしまっていたのですが、例外もあったので変に期待しないことが大事だと悟りました。笑

座席はというと東京公演は8/14、一塁寄りのスタンド上段でした。

福岡公演は9/9、9/10の両日参戦。1日目はバクステ近くのスタンド。2日目はまさかのアリーナ。さらにセンステ近くの2列目。埋もれないアリーナに入ったのが久々で震えた。

 

 

さて、いつものように注意喚起の映像の後、ジャムという名にふさわしいポップなOP映像が流れます。そしてメインステにバンドセットが並べてある中、7人が歩いて登場。アイドルのライブのOPとは思えない、シンプルな登場だったけれどこういうのも悪くないなと思った。バンド曲に対する意気込みも感じられるし、何せお顔がかっこいいですからね。歩いているだけでも絵になる。今回はバンドパートとアイドルパートの2部構成でしたので、記事も分けたいと思います。

 

 

ーーー

  • バンドパート

 

1.High Spirits

2.勝手に仕上がれ

 

初っ端からハイスピからの勝手に仕上がれ!!ネタバレ見ないほうが楽しめるってわかっているのに欲望に負けてセトリを見てしまっていたので、これは見なかった方が絶対喜べたと後悔…しつつもやっぱり盛り上がる。冬のエイタメでやるんじゃないかと思ってたんだけど無かったから、感動もひとしお。

この2曲含めて4曲(シングル含めると5曲)も元気が出るCDからやってくれたんだよね…何度でも言っていきているけど元気コンは最高のライブだったのに7人の映像が残ってないのが残念だったから、今回は無事に残るので本当に嬉しい。

東京ドームのスタンド上段に入ったときに、会場の熱量がすごかったのを覚えてる。こういう風に全体の一体感がひしひしと感じられるのはバンドのいいところだよなと毎回思う。客が歌うところに合わせて照明が会場を照らしてくれるのも、盛り上がりどころがわかりやすくてよかった。

あ。1番のAメロ、”後ろのみんなもよく見えてるぜ”の後を楽しんでいってね~と替え歌してくれる渋谷すばるさん好きです。

 

3. 宇宙に行ったライオン

ライオン、生で聴いたのは初めてでした。Cメロの”もっと遠くが遠くがあるよと~”のところが好き。大サビにかけて盛り上がっていくのも高まる。イントロのギターの音、原曲より低いように感じて違和感があったんですけど気のせいかな?自分の耳が信用できない。

 

4. 象


5. Traffic

Traffic好きだーーー!錦戸亮ちゃんかっこいい曲をありがとう!!この曲は言わずもがな2番のすばるさんのパートがやばいですよね。もはやCD聴いてるだけでも、”眠そうな目擦ってお疲れ様です”のところでほほ笑んでいる、すばるさんのお顔が思い起こされる。最高。モニターで流れている映像が、車から見える風景みたいになっていておしゃれ!


6. 生きろ

終盤にやりそうな曲だと思ってたのでちょっとびっくり。イントロのヤスのギターと、Bメロのヨコのペットが好きで、注目して見てました。この曲で画面が7分割になるの、とてもいい。”何もなくたっていいから 夢や希望なんてなくたっていい ただ一つだけあなたを生きて 誰でもないあなたを生きて”という歌詞、やっぱり響きます。好きなアイドルにこの曲を歌ってもらうことで、救われる人ってたくさんいると思う。素敵な曲。


7. 侍唄

この前に軽くおしゃべり。福岡はこの前にまるちゃんの「元気印~~~」とテンションをめいっぱい上げての一発芸的なものがあった。東京は忘れてしまった。みんなを変な気持ちにさせてからの、この曲。福岡9日は亮ちゃんが一発目の音をミスってやり直し。

さっきまで元気印と高音で叫んでいたお方(まるちゃん)が、Bメロでいきなりしっとり歌い上げてくるのでこのギャップの高低差に惚れそうになる。


8. 夢への帰り道


9. Tokyo holic

メトロックが思い起こされるまるちゃんのベースソロから。冬のエイタメでこの曲を初めて聴いたときの興奮には負けるけどまた聴けてうれしい。まるちゃんのパートはちょっとアレンジされていて、上手くいったりいかなかったりするんだけどそのまま間髪入れず大倉君ソロパートに入るのがシュールだった。そしてここでヨコがトライアングルをしていることに今ツアーで初めて気づいた。


10. S.E.V.E.N転びE.I.G.H.T起き

ワンツーワンツー楽しい!盛り上がりますね!中央のモニターのサイドにある細長いモニターに映るヨコヒナがコミカルでかわいかった。


11. NOROSHI

やっぱりライブでのNOROSHIはめちゃくちゃ盛り上がるので楽しい。サビで炎がバンバン出てくるのもテンション上がる。

 

と、ここまでがバンドパート。MC、そして奇跡の人を歌ってダンスありトロッコでの移動ありのアイドルパートに。

見ているだけでも結構エネルギーを使うので、演奏しながら歌っているエイトさんは言わずもがな…すごい体力。

 

後編に続きます。

ワクワク学校は楽園だった

こんにちは。蜘蛛女のキスの感想をひっそりしたためているのですが、まったく形にならない!ので脱線して、先週ご縁があり参加してきた”嵐のワクワク学校2017~毎日がもっと輝くみんなの保健体育~”の感想を。こちらバッチリネタバレしていますので、東京公演参加予定の方は見ないことをお勧めします。

 

 今年のワクワク学校は、自分たちの“心と体の関係”を勉強する5つの「保健体育」の授業です。嵐の先生たちをサポートする今年の新人助手はSexy Zoneの5人。最も身近なはずの“心”と“体”ですが、実は知らないこと、気付いていないことが沢山あるのです。

 ということで今回の授業のテーマは保健体育!私はワク学への参加は2014年以来3度目でしたが個人的には今回が一番楽しかったです。なんせ嵐×セクゾ!!これを予感して私はセクゾにハマったのではと勘違いするほどのタイミングの良さ。

 

ドームに入って一番に目に入ったのは跳び箱。そしてパン食い競争ならぬドーナツ食い競争のために使われるであろうドーナツ。すごい…まさに体育…。あとは三輪車とハムスターの小屋にくっついているような(?)透明のトンネルのようなもの。スタンド席の壁にはいつも通り日々是気付の文字と、歴代校長(嵐)の写真、そして組体操しているセクゾのボード(とってもかわいい)が掛けられていました。

 

登場の映像は嵐のメンバー一人一人がお仕事やジムで汗を流しているところにお呼びがかかり、ドームに現れる、という演出。相葉さん→貴族探偵、ニノ→VS嵐、翔くん→しやがれ、大野さん→忍びの国の試写会、松本さん→ボクシングジム。さすが松本さんこんな時でもストイックである。

 

セクゾはそのあと登場。姿を現すや否や、障害物競走がスタート。最初のほうはケンティー探すのに必死でちゃんと見てなかった。気づいたときにはケンティーはドーナツ食い競争が超絶遅くて風磨くんに華麗に抜かされ、他の3人にも抜かれ、ビリになってた。でもドーナツ食い競争で手こずるってかわいくないですか?その後コメント求められた時には、しっかり「Sexy sorry」が聞けました。

 

そして毎回恒例の号令をして、それぞれの授業へ。

 

  • 二宮先生×中島助手「人間の基本は、毎日の“うん活”にあり」

私が参加したのは二日目だったのですが、これだけは事前に知っていました。ケンティーがうん〇になると。まさにその通りでした。

この日は勝利くんの・・・という想定で勝利くんが晩御飯のお肉を食べて、テレビを見たり、などの再現をしてくれます。もちろんその間終始お顔がかわいいです。

 

その一方で勝利くんの体の中では、何が行われているのか、ということをケンティーが体を張って教えてくれます。最初はお肉のままなのでお肉の着ぐるみケンティー。それが徐々にアレに近づいていくわけですが、まるでケンティーのワンマンショー状態でした。胃の中を通る時にはぽよんぽよんしててかわいい。栄養素を体に吸収させるというところでは、自分の着ぐるみについた栄養素にキスをし、そっと壁に貼り付ける。最初に見ていた透明のトンネルのようなものは実は腸で、その中もラブホリ先輩全開で終始決め顔で時には恥じらいながら魅せてくれます。(?)

 

そして勝利くんがトイレに向かい(この時大勢の人に見られて恥じらう勝利くんがかわいかった)、無事フィニッシュ。ちゃんと全身茶のタイツを身にまとい頭に茶色い物体を乗せ、ケンティーが登場。これは確かに紛うことなきうん〇でした。

最終的にうん活は恥ずかしいことではない。もしも、友達がうん〇行ってくるわーと言ったとしても、笑ったりせず暖かく送り出しましょう、というような終わり方でした。

 

 

  • 櫻井先生×佐藤助手「男らしさ、女らしさを考えよう!」

これは本当勉強になった、というかへえ~~!!と思った授業でした。

女性は本能で免疫力が高い男性を選んでいるらしく、その免疫力が高いという目安になるのが俗にいうかっこいい人だったり、いい声をしていたりということらしい。もちろん私たちはそんなこと無自覚でキャーキャーしているわけなので新発見でした。

 

また、免疫にもいろいろ型があって相性もあるため、一概に高ければいいということでもないよう。嵐のメンバーが血液検査をして免疫の型を分析されていたのですが、驚くことにニノと松本さんの免疫の型は兄弟以上に似ているという結果が。免疫の型が似ているというのは異性関係だと惹かれないらしいですが、同性間だと仲良くなれるそうです。へええ~~。ちなみにほかのメンバーも比較的似ているそうですが相葉さんだけは他の4人とは違う型だそうです。笑 

あとはアジャコングさんが登場されて匂いで好みの男性を見つける、という事もしていました。第一印象で風磨くんを選んでいたアジャさんでしたが、目隠しして匂いをかいだ結果選んだのも風磨くんでした。すごい。

 

  • 相葉先生×菊池助手「運動(スポーツ)を好きになろう!」

世界には色々なスポーツがあるから、その中で得意なものを見つけて楽しもう!ということでこの回はローラースケート競争でした。1塁側と3塁側で分かれてローラースケートを装着していて、私の席からは3塁側だったので櫻井二宮コンビと聡マリの装着風景が見えました。マリちゃん、履いてすぐはかなり聡ちゃんに寄りかかってたんですが競争の時には華麗に滑っていたので何だったんでしょう…仲良ししたいだけか…かわいいね…

 

競争自体はケンティー選手の圧倒的経験不足により嵐チームが圧勝。松本さん曰く滑り方がアシモ。確かに滑るというよりガシャン、ガシャンという感じでした。見ている分には面白かったけど、自分がやってもできないだろうからケンティーのこと全然笑えない。同じく初心者の風磨くんはなかなかいい滑りを見せますが、嵐チームよりかなり遅れて悲しみのゴール。

 

ちなみにこの日の相葉先生は右だけ耳かけヘアーで、シャツにオレンジのタイトパンツを履いていて、とても格好良かった。

 

  • 松本先生×松島助手「緊張を味方にしよう!」

緊張の場面を作ってみようということで、「今からこの会場の中から一人選んで、嵐とセクゾのメンバー一人に対して告白してもらいます」っていう突然の観客参加型コーナーがありました。チケットの半券が透明のボックスに入っていて、くじ引きのように1枚引く形式。私は(万が一当たったら相葉さんとケンティーどっちに愛を叫べばいいんだ…相葉さんに対してだと重すぎて引かれそうだし…)と無駄に緊張しましたが杞憂に終わり、選ばれたのは風磨くんファンの若い女の子。

 

この時のやり取りが、まあすごかった。風磨くんが爆モテって言われる理由が分かった。

「大好きです」という言葉にはにかみながら「俺もだよ」と答える風磨くん。「俺のいいところってどこかな……?」という問いに、恥ずかしいのかなかなか答えられない女の子に対して「ないんかーい!」とお茶目に答え、「でもそんなところもかわいいね」とナイスフォロー。最高でした。ラジオ聞いてても思うけど、こういう身近にいてほしい!という感じの胸キュンワードを言ってくれるのは風磨くんがめちゃくちゃ上手い。言われた女の子の気持ちになって泣きかけました。笑

 

この前には、ドームの大観衆の前で緊張せずにリコーダーを吹けるか?というコーナーがあり、リコーダーに挑戦した相葉さん。一人で小さなステージに移動し、失敗したら下に落ちるという罰ゲーム付き。「俺リコーダー得意!」と意気込む相葉さんでしたが残念ながら失敗。しかも高いところ結構平気、と言ってしまったせいでドS MJにじゃあもっとステージ上げよう!と上げられてしまい、まあまあ高いところから落下。最後は助手の聡ちゃんに救出されていました。二人雰囲気似てるよね。ほのぼのコンビ。

 

  • 大野先生×マリウス助手「人はなぜ泣く?涙の効果」

 人は泣くとどういうことが起きるか?というデータを見せるため、大野さんが自分で泣ける!と選んだ半沢直樹の最終回を見る映像が流れますが、全く泣けず。

結局マリちゃんが以前見て泣けた、というタイタニックを見て無事に泣いてくれました。マリちゃんは普段から悲しいことがあったときはお風呂で悲しい曲を聴いて涙を流してすっきりする、ということをやっているらしいです。

 

そしてここからは宿題だった”嵐のコンサートツアーの中で泣ける曲(シーン)は?”というコーナーへ。映像を見て、泣きたい人は泣いてしまいましょう、ということでこの回はjaponismアリーナのただいまの映像が流れました。実際見に行って泣いたのも覚えてるし、今度はドームで嵐と(セクゾと)一緒に見られるなんて…と考えながら見てたら曲の大サビでパッと明るくなるところでまんまと泣きました。いや~すっきりした!

 

そして最後はみんなでふるさとを歌い、閉校でした。はけ際に相葉さんと翔くんがあの伝説のディスコスターウォークをしていました。

 

助手を従えてのワクワク学校は初めてでしたが、内容たっぷりだし全員のいいところが出てて楽しい公演でした。セクゾのぶっ飛んだキャラを丁寧に突っ込んでくれる嵐はさすがだったし、告白のコーナーなんかはセクゾがいなければやらなかったんじゃないかなと思う。そして好きな人しかいない空間だからどのコンビでもどんな組み合わせでも楽しめて、最高だった。またどこかで2グループの交流が見られたらいいな。

初めてのSexy Zone~そして沼落ち~

こんにちは。急に夏のような陽気になってきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

私はSexy Zoneのライブ「Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE」に行ってきました。

 

ことの発端は年明けにエイタメ福岡に参戦のため、ヤフオクドームに向かっていた時のこと。車での移動で長距離移動で道中が暇だったため何気なくジャニーズウェブを見ているとSexy Zoneの連載、”薔薇色の日々”(名前からしてインパクト大)にライブのお知らせが。

アニバーサリーイヤーのライブって特別感あるし、セクゾの方々のお顔を人生で一度は見てみたいな…とささやかな(浅はかな)願望が脳裏をよぎりそのまま車中でFCに入会しました。我ながら軽い。

そして大阪公演のチケットが無事当選しSexy初参戦してきました。結果から言えばその時の行動力を褒め称えたくなる素晴らしいライブでした。

 

以降盛大にネタバレしていますので万が一これから参戦の方はお気を付けください。

 

  • メンバーの印象

見に行かなくとも言えるくらい至極当然のことですが、本気で全員かっこよかったです。変な髪型してる人がいないし、みんなスラっとしててどの衣装も様になるし。

 

一番驚いたのが風磨くんの見せ方の上手さ。もともとちょい悪みたいな印象であまり好みのタイプではなかったのですがライブで見ると(え、めっちゃかっこいい…)と今までの自分を反省しました。表情とか踊り方とか曲によって雰囲気が全然違う。ソロ曲でベッドの上でガチ腰振り的なことをしてた時はなかなか衝撃的でしたが、それをステージ上で堂々とできるという強さ。素晴らしいと思います。個人的にはそのあとのソファのふちに座ってそのままもたれこむところがセクシーで好きでした。そんな面を見せておきながら着ぐるみだったり女装だったりで、かわいいところはちゃんとかわいいんですよね。

パンフレットを読んでいると数年前の自分について振り返っているところが多くあって。去年の夏の終わりくらいから長かった反抗期が終わって、と自分の口で語っているのを見てこの人はもう大丈夫だな、と(何様だという感じですが)思いました。先日の有吉ゼミでの激辛ロケもそうですが、これからもっともっと色々な面を見せてくれるんだろうなと楽しみです。

 

勝利くんはテレビで見るまんま。とにかく顔が整っている。今回外周がないからMC中にバクステからメインステまでトロッコで帰るんですが、「よく見るがいい!真ん中に国宝が通っておるぞ!」と自分の顔面の美しさをネタにしていたのが愉快でした。次々とボケるメンバーへの華麗なツッコミと、よびすてでの不自然にうまい口笛が見れたのも幸せでした。あと、うちわのダブルピースが最強にかわいくて何回も買おうか迷ったし、今でもどんな写真だったか鮮明に思い出せる。私が部屋にうちわを飾ることに抵抗ない人間だったら間違いなく買ってた。

 

聡くんはソロ曲「Break out my shell」がすごく印象的。バキバキ踊るダンスと、”痛みだってエンジョイ 涙は無駄じゃない Make the future この手でBreak out my shell”という歌詞に力強さを感じました。聡くんとマリウスの二人、通称マリは、他に類を見ない立場に置かれて苦労しただろうなと外野ながら思っていたのでそれがおそらく決着した今、この曲を歌う彼を見て無性に応援したくなった。二人のユニット曲Sweety Girlが前回のツアーDVDで見てお気に入りだったので、今ツアーでも見られたのも嬉しかった。

 

マリちゃんはダンスがしなやかで、でもしゃべるとすごく可愛くてメロメロでした。前髪下すか上げるかって話になってお母様が下ろしたほうがいいって言ったってことでそのときは下ろして出てました。かわいい。あと横浜公演では強がって一人部屋を所望したものの寂しくて聡くんの部屋に遊びに行ってたらしいというお話もしていました。かわいい。

 

ケンティは…もう終始ケンティでした。まず出てきた瞬間の手の上げ方からケンティイズムを感じたしちょっとした瞬間まで意識が行き届いていて、改めて思いました。この人すごいよ。

 

Sweety Girlでは最終的にメンバーみんなが着ぐるみをかぶって出てくるのですが、なんとそのまま幕が下りてきて女装への公開生着替えが始まるんですね。ネットで話題になった(のか?)美脚のやつです。そのときにシルエットで見える、長い髪をファサっとつけて鏡で確認する姿がどことなくセーラームーンの変身シーンのようで興奮したのを覚えています。

 

そしてソロ曲「Hey!! Summer Honey」の早着替えも印象的でした。

健「俺に蜜を吸われたいかー?」客席「イエーイ」という斬新なC&Rからの白い布が覆いかぶさって、気が付くとグレーのスーツから一瞬にしてブルーのグラデーション衣装になっていた。着替え方すらもかっこいい…何…

 

君だけFOREVERで真っ白なスーツに身を包みピアノを弾く姿も素敵でしたし、歌もうまいしダンスもうまいし完全にやられました。完敗。

 

  • 最強のセトリ

メンバー全員の印象を述べたところでセトリについても褒め称えたいのですが、これが本当に良い。曲の繋ぎ方も絶妙だし、セクゾを知らないままライブに行ってもこれを聴けば惚れて帰る!という曲が盛り沢山。

 

まず初っ端がこれまでのキュートなセクゾのイメージを覆すようなセクシーかっこいい新曲ROCK THA TOWNです。個人的見どころは、”ill なヴァイブは 蹴散らして Get it on”のケンティの美声と大サビ前の間奏部分の勝利くんの腰回しです。

 

それから明るい曲でぶち上がったところで畳みかけるようにかっこいい曲が続きまして。Miss Mysteriousは勝利の日までのカップリング、Teleportationはケンティのソロ曲だったものを5人でやるということで、よくぞこの場で5人でやってくれた!!!ありがとう!!!と思わず感謝の念が湧いてくるほどのかっこよさ。

 

勝利くんのソロ、Why?も好き。ピアノから始まるダークな曲調の曲(サビは明るめ)ですが、勝利くんのささやくような声とすごく合ってると思いました。歌詞も別れた女に対して強気なこと言いつつ未練たらたらという…こんな曲を顔面が人間国宝の方に歌わせるなんて最高。

 

そして終盤のSlow Jam。ROCK THA TOWNの通常版のカップリングです。この曲を聴いたのはライブが初めてだったのですが、演出も相まって美しさで眩暈がしました。ミディアムテンポでこれまた切ない歌詞なのですが、聴いているだけで感極まります。最初のイントロからアウトロまで隅々まで好き。Bメロのケンティパートで、ベッドの上でせつなそうに女を抱く(概念)ケンティが見られるのですが、あそこまで世界に入り込めるのは本当にすごいと思う。大サビでステージ右のソファに全員で集まって歌うのですが、その時の聡くんの色気。基本的にケンティをロックオンしていた私ですがこの時ばかりは彼に目を奪われました。

 

あと、私がベストを聴いていて好きだったのがWith youだったので、それが歌ってもらえたのもうれしかった。これなんとデビュー曲のカップリングなんですね。どおりで声がものすごく若かった。”臆病だった僕がこんなにも強くなる 僕が必ず君を守るよ”って今のSexy Zoneが歌うと頼もしさでこれまた涙を誘う。女の私でも結構キー高いなと思うんですが原曲キーのまま歌い上げていたのが驚きでした。

 

  • 演出のすばらしさ

なんといってもアンコールの演出がすばらしかったです。デビュー曲Sexy Zoneだったのですが、一人ひとりデビュー当時の映像・音声(それぞれ自分の名前を言う)と共に当時の衣装を仕立て直したものを着てバラを携えてポップアップで登場。デビュー当時をほとんど知らない私でもこの演出は心に来るものがありました。映像の勝利くんとマリちゃんが本当に天使のようにかわいい。ポップアップで出てきたケンティがバラを咥えていてさすが…!となりました。

 

今回風磨くんを中心に演出を考えたそうで、全員それぞれ見せ場があるし、曲のつなぎ方もすごく自然でよかったな、という印象です。緩急のつけ方が上手い。私のオキテの女装で会場のテンションを最高潮にあげといたところでかっこいいダンス曲It's Going Down!だったり、C&R曲High!! High!! PeopleからのMiss Mysteriousだったり。ステージもかわいくて外国のおしゃれなお店のロゴみたいな感じで曲名が何個か書いてあって、その曲を歌ってるときに光ってる、みたいな細かい演出も素敵でした。

 

あと勝利の日までのときに、じゃんけんで次の曲の冒頭部分を誰が歌うか決める、というのも結構面白かった。私が行った2公演ともケンティが勝っててすごくうれしそうに意気揚々と歌っていてかわいかった。

 

ー - -

最初は軽い気持ちで始めたはずだったのに、大阪公演入った後は急いでベストの初回盤買って伝説の番組セクチャンを見たり、サマパラを買って風are you?の魅力にハマったり、結局横浜までチケット探して行っちゃったり、もう後戻りできないことになりました。おかしいな?

 

今のところ担降りという概念は存在しておらず、担当は増やすものスタイルでお送りしているので、これからセクゾ関連の記事も増えるかと思いますがお付き合いいただけると嬉しいです。

 

あと残すは明日のオーラスのみとなりましたが、無事に終われますように。楽しい時間をありがとうございました!